駒込駅から徒歩3分 女性医師が診察するレディースクリニック駒込駅から徒歩3分 女性医師が診察するレディースクリニック

子宮内膜症Endometriosis

子宮内膜症- Endometriosis -

その月経痛(生理痛)、子宮内膜症が原因かもしれません

月経痛(生理痛)に悩んでいる方は少なくありません。「月経痛は体質だから」と諦めて、我慢している方もいらっしゃいますが、病気が原因で起きる月経痛も少なくありません。その原因のひとつとしてあげられるのが「子宮内膜症」です。

子宮内膜症はどんな病気なの?

「子宮内膜症」は、本来子宮の内側にある細胞組織(内膜細胞)が、何らかの原因で子宮の外にひろがってしまう病気です。子宮の外であっても、月経サイクルに従って女性ホルモンの影響を受け、増殖や出血を繰り返します。子宮の中であれば増殖した細胞や出血を「月経(生理)」として体の外に出すことができますが、子宮の外では体外に排出できません。その結果、炎症を引き起こすなどして、月経痛(生理痛)の原因となるのです。
「子宮内膜症」が卵巣の中で起きれば出血が中にたまって古いチョコレートのようになっていきます。卵巣も膨らんでいきます。これが「内膜症性卵巣チョコレート嚢腫」です。
また、卵巣以外に発生する子宮内膜症もあります。例えば子宮の筋肉の間、卵管、内臓を包んでいる腹膜、子宮と直腸の間のくぼみ、膀胱と子宮の間のくぼみ、仙骨につながっていて子宮を支えてくれている靭帯などに発生することがあります。この他、まれに腸や肺、膣や外陰部などに発生する子宮内膜症(他臓器子宮内膜症)もあります。

子宮内膜症の症状

月経(生理)の時に下腹部に痛みを感じる方が少なくありません。月経痛(生理痛)がだんだんひどくなってきた場合は、子宮内膜症を疑ってみる必要があります。
また、月経以外の期間に下腹部の鈍い痛みを感じる場合、排便時に肛門の奥が痛む場合、性交時に奥の方が痛む場合も、子宮内膜症を一度チェックする方がよいでしょう。
子宮内膜症の状態が続くことで腹腔内に出血,炎症、を繰り返し周囲の臓器と癒着を作っていきます。そうなると生理でない時も痛みが出る状態になります。
子宮内膜症が原因となって妊娠しづらくなることもありますので、気になる方は早めに受診することをおすすめします。

子宮内膜症の検査と治療方法

内診、エコー検査、血液検査などを行って子宮内膜症の診断を行います。治療方法は症状によって、そして妊娠を望んでいらっしゃるかどうかによって異なります。当院では、患者お一人おひとりと相談しながら治療方針を立て、治療を進めていきます

月経痛(生理痛)の背景に子宮内膜症が潜んでいることも少なくありません。気になる方は、ぜひ一度ご来院ください。

電話でご予約ください

予約の受付時間は療時間内となります。

03-3947-7070

受付・診療時間
10:00-13:00
15:30-19:00
  • 受付・診察時間 … [午前] 10:00〜13:00, [午後] 15:30〜19:00
  • 休診日: 月曜日・土曜日[午後]・日曜日・祝日
  • 受付・診察時間[午前]10:00〜13:00[午後]15:30〜19:00
  • 休診日月曜日/土曜日[午後]/日曜日/祝日

とみたまさこレディースクリニック

診療科目:婦人科・女性内科
〒170-0003東京都豊島区駒込1-32-1 駒込富士ハイツ1F(Google Mapで見る)
03-3947-7070

© Masako Tomita Ladies Clinic.